お魚遊び、2007年以降の釣行記録
ヘタレ釣り師が何を釣る??? 今度は蔵巡り記録も追加(笑)

最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

リンク

このブログをリンクに追加する

お世話になってる船宿さん

次回釣行予定

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2010/01/12 川津港 源泉丸・フラッシャー&スルメ、ヤリ
平日の釣行メンバーはとっても嬉しい存在である。

今回はピットさん、ポン太母さん、ヘイさん、nanapyonさんと一緒に勝浦 川津港の源泉丸さんから、
朝の内大サバ狙い、後スルメ&ヤリ狙いで行きましょう!
飽きたら天秤出してムフフフフ…なんて想像だけは膨らんでました(笑)



予報では朝から弱い雨が当ると言う事でしたけど、良い方向に大外れ~
快晴までとは行かない物の、雨が落ちる感じではなく気温も暖かい
寒いと思い皆様、カイロをベタベタと貼ったので、途中で暑い暑い~と(爆)

朝の内のフラッシャーでは、私以外の5名は、「何だかフワフワしたアタリで魚じゃないよ」
何て言ってスルメの何点掛け~なんてやっちゃってるけど、私?
はい、サバにも振られ蚊帳の外状態でした
しっかし、200号の誘いは軟弱な身体になった私には辛い~~
これでスルメでも掛かればそんな事思わないんでしょうけど(爆)

皆様がスルメと遊んでいる間にこっそりとサバの鈴なり状態を堪能!
前日と潮型が変わってしまったのか、特大マサバとは行かない物の中にはいいサイズが混じってくる
この時期のサバは一際旨いので、船長お勧めの血抜き方法でしっかりと血抜き!!!!!
サバフリークにとって、釣りサバは生刺身で食いたいのだ
そのためには、日頃は面倒臭がりの私だけど時間と手間は惜しみませんよ~

フラッシャーにスルメが掛かるようになり、サバのあたりも遠退いたことから1人、また1人と
仕掛けをイカ仕掛けに交換する人が出てきた
船長も「イカの仕掛けに替えたほうが良いかもよ~」と言うので、迷わずに交換することに

いきなり上1本目の18㎝ツノに乗ってきたスルメ
鉄砲水の洗礼を受け、樽に入っていただきました
これをやられると眼鏡掛けてるから何だかねぇ。。。。。。。

今日はイカツノの配列にチョイと遊び心(悪く言えば欲かき仕掛け)を出してみました
ヤリがかなり混じるという情報だったので、14㎝オンリーにするか散々迷ったのだけど…
雨が降ってたり海が悪かったらその都度交換することは、老眼になってきてる私には辛いので
それならば! と最初から上4本は18㎝ツノ、下2本は14㎝と浮きスッテにしたんですよ^^;;;
まぁ。。。。。製作段階で、謝って切っちゃって仕方なしにローリングサルカンの小さいので繫いだんですけど
バリバリのイカ釣り師が聞いたら怒っちゃいそうな仕掛けかなぁ。。。

隣のポン太母さんはバリバリと18㎝に乗せてるのに、私は赤帽スッテと14㎝の角ばかり
サバもこの2本は丸呑み~~
船上でお約束の割腹をさせて頂きました♪♪
スルメの状況は潮型が気に入らないのか、あまり良くなく水深も深くなっていく
220mでは1杯で上げるのは時間の無駄だし、体力的にも省エネ投法と行きたいので
追い乗りを狙うも、腕が追いつかず上がっても3杯どまり

段々とスルメの乗りも遠くなり、サバも居ない様なのでツノの大きさを落とすようにと!
11㎝と14㎝とで迷ったけど、14㎝にはコンスタントに乗ってたのとスルメが来るので
無難な14㎝オンリーに交換しました
直後にヤリが釣れ、ウフフフとほくそ笑み次の投入ではダンゴ状態の仕掛け
すぐさま回収し解こうとするけど、とにかく老眼で見えない~と甘えてみた
助手の息子さんが直ぐに来てくれて、この流しもヤリイカ2点掛けに成功
たまには女の武器を使うのもいいですね(爆)
このお船、船長が釣り人を名前で読んでくれるのが嬉しいの
艫の人とかじゃなくって、魚が掛かったとか、トラぶってるとかそんな時でも、助手の方に
助けをお願いする時も名前を読んでくれる
そんな何気ない事が物凄く新鮮で、ある意味良い気分にさせてくれる
そして色々とアドバイスしてくれるのが為になる~

流石に水深があると誘いも大変よ!
掛かっても巻いてくる途中で、「あぁ~ バレちゃった~」何て声も船中チラホラ…
足だけ掛かってたり、吸盤だけって事も^^;;;;
心もクーラーも満足した頃、沖上がりの時間となりました


釣  果:スルメ15杯  ヤリイカ(~25cm)7杯  サバ10尾  アジ2尾
タックル:竿 先鋭剣先AR100-170  リール 電動丸3000XH
  錘 :フラッシャー時200号  スルメ時 150号

サバは勿論生で! 脂ノリノリの美味しさでした~
スルメの肝でヤリイカの刺身を頂き、残りのヤリイカは肝の海に入っていただく予定です♪
これは贅沢ですな~(爆)



【2010/01/13 08:57】 | 釣り | トラックバック(-) | コメント(6) | page top↑
ぴーぽん
ぴーぽんは失敗して偶然作ったかもしれないけど、まるかつのイカ仕掛けは常に真ん中をローリングサルカン(小)でつないだ仕様だよ。
理由は3本・4本で作った方が作業性が良いのと、オマツリの時に全取り換えせずに半分交換が可能だから。
また、6本・7本・8本と組み合わせ次第で自由に変えられるからね。それに、サバの攻撃がひどい時は半分の3本や4本にして投入なんてことも簡単。
お勧めです!
2010/01/13(水) 12:48:44 | URL | [ 編集]
ぴーぽん
まるかつ師匠、まぁ! 同じ様な仕様だったんですね
確かにアレは使い勝手が良さそうな感じでした
あるときは直結とブランコの混同とか?!(笑)

本当は三本ブランコにして、下は天秤仕掛けでアラを狙おうかと思ってたんですけど…^^;;

師匠のお墨付きなら、次回からそのスタイルで行っちゃおうっと♪
2010/01/13(水) 13:22:21 | URL | [ 編集]
haru
なかなかエエ~釣果ダスねぇ~(*^^)v
オイラは何時もツ抜け出来るかどうかですが・・・(^^ゞ

今月は他に予定が有るので来月にはヤリに一回行きたいが・・・
2010/01/17(日) 11:42:48 | URL | [ 編集]
ぴーぽん
haruさん、自分ちで食べるには十分な釣果っすね
イカは私しか食べないし(笑)

来月はヤリにも行きますよ~
手枷足枷がなくなるので、ある意味全開で行けます!!
先立つ物が続くまで行くつもりです~

そろそろ深場も始動だわ♪
2010/01/17(日) 17:32:51 | URL | [ 編集]
極楽トンボ
船長がお客さんを名前で呼ぶのは、仕事に真剣な証拠です。

私が北茨城の船宿へ行ったとき、女将に「オジサン。」と呼ばれました。間違いなく’オジサン’ですが、やはりカチンとしました。(爆)
せめてお客さんと呼んだ方が良いのでは、と思いました。

2010/01/19(火) 20:58:08 | URL | [ 編集]
ぴーぽん
極楽トンボさん、私も経験ありますよ~

タラ釣りの時に最初は「お姉さん」とか呼んでてて、返事して振り返ったときに「何だ、オバサンじゃん」って(怒)
ババアにおばさんとか言われたくね~とか思いましたよ(爆)
確かに私も「クソババア」ですけど。。。。

女将さんの一言って、最後まで気持ちよく帰れリピーターになるか、なれないかをかなり左右しますよね^^;;

2010/01/19(火) 21:21:19 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


copyright 2005-2007 お魚遊び、2007年以降の釣行記録 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。